岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋の購入をお考えの方必見!間取りの考え方とは?

平屋の購入をお考えの方必見!間取りの考え方とは?

平屋の購入をお考えの方はいませんか。
平屋の建てる上で、間取りは非常に大切なポイントです。
快適で住みやすい平屋を建てるためにも、間取りの考え方を知っておく必要があります。
この記事では、間取りを決める際の考え方について解説します。

□平屋の動線計画について

平屋の間取りを考える際は、動線をしっかり考える必要があります。
特に、家事全般をこなしている主婦の方にとっては、家事動線は重要なポイントです。
家事動線を考える際は、普段家事をしているときに自分がどのような動きをするのかイメージしてみましょう。

そして、紙に書いた間取り図を見ながら、恐らく自分はこう動くだろうという動線を指でなぞってみてください。

おすすめの間取りは、キッチンやクローゼット、ランドリーなどの主要なワークスペースが一直線に並んだ動線です。

効率の良い家事動線にすると水回りが1か所に集まりやすくなり、配管の配置もシンプルになります。
そのため、配管メンテナンス費用も安く済みますよ。

スムーズな家事動線であれば、日々の家事に加えて住宅の手入れも楽になります。
そして、長い目で見ると費用節約にもつながります。
ぜひ、効率的な家事動線を考えてみてくださいね。

□平屋の間取りで失敗しないためには

ここでは、平屋の間取りで失敗しないためのポイントについて解説します。

まず、家の奥まで光を採り込めるような間取りを意識しましょう。
平屋の面積は広いため、光を採り込める間取りを考えないと、部屋の奥まで光が差し込まなくなってしまいます。

採光のための工夫としては、中庭の設置や大きな窓の設置、勾配天井などが効果的です。
ただし、採光のためだけに窓を大きくしすぎると、外から部屋の中を覗かれるなどプライバシー問題が生じる可能性があるため注意しましょう。

家族間のプライベート空間の確保も大切です。
プライベート空間を確保するには、まずリビングと個室を近づけすぎない間取りを意識しましょう。

他にも、リビングと寝室の配置関係やトイレ、洗面所と個室の配置関係にも気を付ける必要があります。
個室と他の部屋との距離感に気を付けて、各個人のプライベート空間を落ち着いて過ごせるような間取りにしましょう。

生活動線を考えて収納を作ることも大切です。
収納が使いにくい位置にあったり、設置しておいてほしい場所に無かったりすると、日々のストレスになることもあるでしょう。

収納の間取りの例として、リビングに収納を取り入れると、家族がよく使うものを片付けられ、部屋の中がすっきりしますよ。
使いたいときにすぐ取り出せるのも便利ですね。

□まとめ

今回は平屋の間取りを考える際のポイントについて解説しました。
平屋の間取りを考える上で重要なことは、家事動線や採光、プライベート空間の確保、収納です。
これらをしっかりと考慮することで、間取りで失敗する可能性は低くなるでしょう。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求