岐阜市の建築設計事務所 
和風住宅設計建築

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋の税金って二階建てと違う?平屋の固定資産税を抑えるポイント

平屋の税金って二階建てと違う?平屋の固定資産税を抑えるポイント

「平屋住宅の購入を検討しているけど、二階建て住宅とかかる税金は違うのかな。」
「平屋住宅にかかる税金を抑える方法があれば知っておきたい。」
平屋住宅の購入を検討している方で、税金について気になっている方はいませんか。
また、可能な限り税金は抑えたいですよね。
今回は平屋にかかる税金についてお話しします。

□平屋の固定資産税が高くなる場合について

固定資産税は、それぞれの土地や建物によって変わることをご存知でしたか。
それを評価する数値を固定資産税評価額と言います。
これの算出方法を簡単に解説します。

固定資産税評価額は、大きく3つの観点から決められることを覚えておきましょう。
1つ目の観点は、その建物の資産価値です。
建物の資産価値が高ければ高いほど、評価額は高くなることを押さえておきましょう。
評価基準は住宅の立地や規模、施工の程度など幅広い観点から決められます。

2つ目の観点は、経年変化です。
住宅は、雨や風、紫外線に常にさらされているので、日が経つにつれて劣化していきますよね。
そのため、この劣化の程度によって3年ごとに住宅価値が見直されることは知っておくと良いでしょう。

3つ目の観点は、建物に使用されている素材です。
例えば、木造住宅なのか、鉄筋コンクリート造なのかといった点です。

これらを踏まえると、平屋を建てる前にかかる固定資産税を考える必要があることはわかっていただけるのではないでしょうか。
建物の資産価値が高く、良い素材を使用されている住宅などに固定資産税は多くかかります。

□平屋の固定資産税を抑えるためのポイントについて

平屋にかかる固定資産税を抑えるためにはどうしたら良いのでしょうか。
今回は、おすすめのポイントを3つ紹介します。

*木造にする

上記で、固定資産税評価額の算出は素材によって変わることを解説しました。
木造の建物は、鉄筋コンクリートよりも固定資産税評価額が低く見積もられるため、検討してみてはいかがでしょうか。

*シンプルな造りにする

住宅に使用されている材料が多くなると、それだけで資産価値が上がります。
シンプルに作ることで最低限に固定資産税を抑えられます。

*土地の安い場所に住む

土地も固定資産税に関わってきます。
なるべく安く抑えたいなら土地が安い場所に住むことをおすすめします。

□まとめ

平屋にかかる固定資産税の基礎知識について解説しましたが、理解していただけたでしょうか。
平屋住宅にかかる固定資産税を抑えるためには、高くなる原因を知り、それを事前に回避することが重要です。
平屋住宅にかかる税金について、何かわからないことがあればお気軽にご相談ください。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求