岐阜市の建築設計事務所 
和風住宅設計建築

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋に子供部屋は必要?子供部屋の必要性について教えます

平屋に子供部屋は必要?子供部屋の必要性について教えます

頭のいい子はリビングで勉強する、これはよく聞く言葉ではないでしょうか。
そのため、子供部屋がない家庭も多いでしょう。
しかし、子供は大きくなるにつれ個室を求めます。
早期に考えておけば、時機を逃さずスムーズに対応できるのではないでしょうか。
今回は、子供部屋の必要性と必要な設備を紹介します。

□子供部屋の必要性について

最近では、大きくなるまで子供部屋を設けず、広々としたキッチンスペースを設けたり、家族全員が使えるスペースに利用したりするなど、子どもの成長に合わせて変えられる間取りが主流となっています。

では、大きくなるまで子供部屋は必要ないのでしょうか。
この問題を解決するため、子供部屋の役割について説明します。

子供部屋の役割は3つあります。
1つ目、収納スペースです。
小学生になると、荷物、服、ランドセル、本、教科書などを置く場所が必要となるでしょう。
子供部屋に置かなくてもいいと思いますが、子供の部屋に置いた方が管理しやすいですし、ものがなくなることも少ないです。

2つ目は、勉強する場所です。
リビングで勉強した方がはかどるお子さん、子供がちゃんと勉強しているか気になる親御さんもいるでしょう。
しかし、親に指示されなくても自分で進んで勉強しなければなりません。
習慣づけるという意味でも勉強スペースを確保することをおすすめします。

3つ目は、寝る場所です。
子供が小さいうちは、親と一緒に寝ている人も多いと感じます。
最初は嫌がるかもしれませんが、自立させるためにも子供部屋で寝かせる方がいいでしょう。

子供部屋には、3つの役割がありました。
これらの役割が必要になれば、子供部屋を作ることをおすすめします。

□子供部屋に必要な設備について

子供部屋に必要な設備について必ず必要なもの、付けた方がいいものについて紹介します。
床暖房とエアコンは必ず付けた方がいいでしょう。
エアコンがないと猛暑や厳寒の時は、耐えられません。
エアコンがあると勉強もはかどるでしょう。

付けた方がいいものは、クローゼットです。
クローゼットがあると収納しやすいですし、部屋がきれいになります。
自分で収納することを覚えるため、片付けの勉強にもなるでしょう。

□まとめ

子供部屋は、ご家庭によっては経済的に厳しいかもしれません。
しかし、年齢とともに必要となってきます。
小さい部屋でも構わないので勉強机、寝床、エアコンなど最低限の設備、スペースは確保するとよいでしょう。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求